暮らしにインフォをプラスする

丈夫な糸

まち針

ポリエステルがおすすめ

パッチワークには、適した糸があります。ピーシングには、ポリエステルのものがよいです。
できればポリエステル100%のものを選んでください。アップリケにもポリエステルが適しています。
こちらもポリエステル100%のものがよいでしょう。耐久性もありますし、色が豊富です。
布やデザインのイメージに合わせましょう。キルティングには、ポリエステルと綿の混紡がよいでしょう。
布馴染みがよく、適度なテンションで、綿を押さえることができます。現在は、パッチワーク糸の開発が進んでおり、両方に使えるものも発売されています。
また、かすり染めのような糸や何色かを混色した糸も開発されています。用途に合わせて、糸選びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

便利なパッチワーク糸の色見本

パッチワーク糸の購入は、まず実店舗がおすすめです。
店員さんのアドバイスもきけますし、実際の色が見えるのが何よりよい点です。
その点、ネットショップは便利ですが、実際の色と異なることがあり、注意が必要です。
画面の写真の色と実物のパッチワーク糸の色をぴったり合わせるのは難しいからです。
厳密に色を合わせたい場合は、糸の色見本を利用するとよいでしょう。
色見本はネットで購入できます。
自分が使いたい糸やよく使う糸の色見本は、揃えておいて損はないと思います。
見開きで一覧できるので、色決めがすぐできます。
パッチワークを日常的に行う場合は、持っているととても便利です。
パッチワーク糸は、手芸店ならたいてい扱っています。

Copyright(c) 2015 ファッション小物はハンドメイドで作ることが出来ます. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com